アメフトおじさん’s blog

アメフト好きのおじさんが、アメフトを中心に好き勝手言うブログです。

歴代Japan X Bowlの観客動員数 (2018シーズン終了版)

2018シーズンのJapan X Bowlの記録を追加しました。 

 

Japan X Bowl 観客動員数推移

f:id:otokomesi:20190117111813j:plain

日付 観客数 Home 得点 Away
2018.12.17 32 25,457 富士通フロンティアーズ 35-18 IBM BigBlue
2017.12.18 31 22,953 富士通フロンティアーズ 63-23 IBM BigBlue
2016.12.12 30 25,455 富士通フロンティアーズ 16-3 オービックシーガルズ
2015.12.14 29 25,408 富士通フロンティアーズ 21-24 パナソニックインパルス
2014.12.15 28 25,085 富士通フロンティアーズ 44-10 IBM BigBlue
2013.12.16 27 22,488 オービックシーガルズ 24-16 富士通フロンティアーズ
2012.12.17 26 23,126 オービックシーガルズ 27-24 鹿島ディアーズ
2011.12.19 25 19,864 オービックシーガルズ 24-17 富士通フロンティアーズ
2010.12.20 24 18,353 オービックシーガルズ 20-16 パナソニックインパルス
2009.12.21 23 22,059 鹿島ディアーズ 21-14 富士通フロンティアーズ
2008.12.13 22 13,834 鹿島ディアーズ 21-14 パナソニックインパルス
2007.12.17 21 17,629 富士通フロンティアーズ 13-33 松下電工インパルス
2006.12.16 20 12,327 オンワードスカイラークス 24-21 鹿島ディアーズ
2005.12.19 19 13,564 オービックシーガルズ 25-16 松下電工インパルス
2004.12.18 18 15,500 松下電工インパルス 15-6 アサヒビールシルバースター
2003.12.16 17 22,500 オンワードスカイラークス 13-10 アサヒビールシルバースター
2002.12.17 16 21,500 シーガルズ 14-7 富士通フロンティアーズ
2001.12.18 15 25,000 アサヒ飲料チャレンジャーズ 14-7 松下電工インパルス
2000.12.18 14 25,000 アサヒ飲料チャレンジャーズ 20-18 松下電工インパルス
1999.12.15 13 24,000 鹿島ディアーズ 16-18 アサヒビールシルバースター
1998.12.16 12 32,000 リクルートシーガルズ 45-24 アサヒビールシルバースター
1997.12.17 11 38,500 鹿島ディアーズ 48-12 松下電工インパルス

*2008年は京セラドーム大阪で開催
*2002年までは「東京スーパーボウル」の名称で開催

 

2年連続で同じ顔合わせとなったJXBでしたが、昨年減少した分の観客は取り戻した。

試合結果は富士通の圧勝で、そのままRice Bowlでも大活躍だったニクソン選手が目立った試合でした。

 

観客動員数増加の一因に「DA PUMP効果」なんで言われているところもあるようですが、それでもいいと思っています。
本場アメリカのSuper Bowlでもハーフタイムショーは超有名ミュージシャンがパフォーマンスをしてくれまう。そして、報酬ゼロ。すべては名誉のためにと。

日本のチャンピョンシップボウルゲームでもハーフタイムショーが盛り上がることは嬉しいことです。

来年も素敵なゲストによるハーフタイムショーに期待します。

 

ハーフタイムショー出演者を一緒に載せるのもおもしろいかもですね。