読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメフトおじさん’s blog

アメフト好きのおじさんが、アメフトを中心に好き勝手言うブログです。

名QBの指標 ~Intercept率~ その3 日米QBで振り返る2016シーズン

アメフト Xリーグ 個人成績 アメフト NFL 個人成績

今回は久しぶりのアメフトネタです。

 

日本時間 2017年2月6日 午前8時30分 ほどから開催された第51回 Super Bowlをもって、2016年のアメフトシーズンがすべて幕を閉じました。

 

本来であれば、このブログのテーマとしては、

Super Bowlの観客動員数を発表したかったのですが、、

イマイチ会場に来場した観客数がわからず断念です。。。。

 

どなた様か、知ってるよ!とか、ここに数字出てたよ!とか、ご存知でしたら教えていただけると幸いです。

 

気を取り直して、

1月3日にRice Bowlを持って一足早く終了した日本のアメフトと合わせて、

(誰が興味あるのかわかりませんが、)個人的に好きな指標 "被インターセプト率" で、日米のアメフト界を盛り上げたQB達の2016シーズンを勝手に振り返ってみたいと思います。

 

 まずは、XリーグのQBの記録です。

 ◇Xリーグ 2016 シーズン終了時の被Intercept率ランキング

RANK 選手名 チーム名 被Intercept率 Att Comp INT Yard TD
1 コービー キャメロン 富士通フロンティアーズ 2.03% 197 121 4 1392 10
2 Mason Mills アサヒビールシルバースター 2.13% 188 130 4 1622 14
3 Jerry Neuheisel オービックシーガルズ 2.45% 163 112 4 1220 10
4 高田 鉄男 パナソニックインパルス 2.47% 81 56 2 584 4
5 菅原 俊 オービックシーガルズ 3.26% 92 58 3 860 9
6 原口 大知 アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ 3.28% 61 35 2 357 2
7 加藤 翔平 LIXIL DEERS 3.38% 237 148 8 1772 16
8 Craft Kevin IBM BigBlue 4.00% 150 103 6 1336 12
9 Devin Gardner ノジマ相模原ライズ 4.69% 192 119 9 1429 8
10 多川 哲史 IBM BigBlue 5.88% 34 19 2 202 3

 

やはりリーグ戦が終了し、プレーオフに入り強豪同士の本気の対戦になると、インターセプトが目立つようになってしまいました。

※リーグ戦終了時の記録はこちら

amefootojisan.hatenablog.com

 

 そして、NFLのQBの記録がこちら

NFL 2016 レギュラーシーズン QB Rating Top5 QBの被Intercept率

Rank 選手名 チーム名 QBRate 被Intercept率 Att Comp INT Yds
1 Matt Ryan ATL 117.1 1.31% 534 373 7 4944
2 Tom Brady NE 112.2 0.46% 432 291 2 3554
3 Dak Prescott DAL 104.9 0.87% 459 311 4 3667
4 Aaron Rodgers GB 104.2 1.15% 610 401 7 4428
5 Drew Brees NO 101.7 2.23% 673 471 15 5208

 

はっきりとわかる被インターセプト率の低さ!パスアタックの回数が多く、一回あたりの被インターセプトの割合が低くなるのはわかりますが、Tom Bradyにおいては、レギュラーシーズン通してたったの2回しかインターされていません。

対戦しているCB、SFと言ったDB陣もNFL選手であり超一級プレーヤーばかり。

それに、試合数においても日本Xリーグの倍近く行っています。

試合時間に至っては、1Qあたり15分 (Xリーグは12分/1Q) と長く、プレー数も当然多くなる にもかかわらずの結果です。

今年のSuper BowlもQB Rating 1位と2位による対戦だったわけですが、納得の結果です。

 

この完成度の高さがリーグ全体のレベルの高さなのでしょうか。

Xリーグ 2017シーズンが終わったときに、

不必要だったり、無用心なインターセプトが減って、被インターセプト率がNFLの記録に近づくことを期待します。