読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメフトおじさん’s blog

アメフト好きのおじさんが、アメフトを中心に好き勝手言うブログです。

2017.1.3 Rice Bowl から見るボウルゲームの観客動員数

フットボール界では三が日の締めくくりは、Rice Bowlと言うのが恒例です。

このRice Bowlは、学生チャンピョンと社会人チャンピョンが日本一を決める試合であり、2016シーズンの終了と2017シーズンの幕開けを意味します。

 

先日も開催された2017年1月3日のRice Bowlは現地東京ドームへ観戦へ行きましたが、記念すべき70回大会と言うこともあり歴史も感じることのできるものでした。

 

出場チームは下記の2チーム

 ・学生代表 : 伝統と実力のある学生界最強 関西学院大学FIGHTERS

 ・社会人代表 : アメリカ人QBを擁し2016シーズン負け知らずの無敵艦隊 富士通FRONTIERS

 

人気も実力も非常に高い両チームの対戦と言うこともあり、当日は試合前から東京ドームの3階席が開放されみるみる内に座席が埋め尽くされていきました。

観客動員においても非常に期待のできる試合でしたがその結果がこちら、

 

 

◇第70回 Rice Bowl 観客動員数

Rice Bowl 33,521人

 

2016シーズンの中でも圧倒的な観客動員数でした。

XリーグでみるとJapan X Bowl (JXB) だけが圧倒的でしたが、

amefootojisan.hatenablog.com

 学生の試合を入れるとボウルゲームを中心に他にも観客動員数が高い試合がいくつかあります。

 

◇2016シーズン 観客動員数が多かった試合

Rice Bowl 33,521 人 関西学院 - 富士通
Japan X Bowl 25,455 人 富士通 - オービック
甲子園ボウル 35,000 人 関西学院 - 早稲田
TOKYO BOWL 6,500 人 慶應 - 立命館
西日本代表決定戦 7,000 人 関西学院 - 立命館
関西学生リーグ最終戦 12,000 人 関西学院 - 立命館

 

学生の試合でも観客数が1万人を超える規模の試合が開催されていることがわかります。

Rice Bowlに限って、過去にも遡っても観客数の推移を調べてみました。

 

◇歴代Rice Bowl 観客数推移 (21世紀以降)

f:id:otokomesi:20170110181805j:plain

日付 シーズン 観客数 学生代表 得点 社会人代表 優勝
2017.1.3 70 2016シーズン 33,521 関西学院大学ファイターズ 13-30 富士通フロンティアーズ
2016.1.3 69 2015シーズン 31,345 立命館大学パンサーズ 19-22 パナソニックインパルス
2015.1.3 68 2014シーズン 30,361 関西学院大学ファイターズ 24-33 富士通フロンティアーズ
2014.1.3 67 2013シーズン 29,564 関西学院大学ファイターズ 16-34 オービックシーガルズ
2013.1.3 66 2012シーズン 27,371 関西学院大学ファイターズ 15-21 オービックシーガルズ
2012.1.3 65 2011シーズン 25,059 関西学院大学ファイターズ 28-38 オービックシーガルズ
2011.1.3 64 2010シーズン 35,750 立命館大学パンサーズ 0-24 オービックシーガルズ
2010.1.3 63 2009シーズン   関西大学カイザース 16-19 鹿島ディアーズ
2009.1.3 62 2008シーズン 34,655 立命館大学パンサーズ 17-13 パナソニック電工インパルス
2008.1.3 61 2007シーズン 34,487 関西学院大学ファイターズ 38-52 松下電工インパルス
2007.1.3 60 2006シーズン   法政大学トマホークス 29-30 オンワードスカイラークス
2006.1.3 59 2005シーズン 28,041 法政大学トマホークス 17-47 オービックシーガルズ
2005.1.3 58 2004シーズン 28,000 立命館大学パンサーズ 7-26 松下電工インパルス
2004.1.3 57 2003シーズン 27,000 立命館大学パンサーズ 28-16 オンワードスカイラークス
2003.1.3 56 2002シーズン 25,000 立命館大学パンサーズ 36-13 シーガルズ
2002.1.3 55 2001シーズン 26,000 関西学院大学ファイターズ 30-27 アサヒ飲料チャレンジャーズ

 

2012年以降、年々観客数を増加させており、毎年非常に注目度を集めていることがわかります。とは言え、直近10年でも3万5千人を超えている回もあり、今年が過去最高だったわけではありません。

 

ただ、今回情報集めをしていて一番悲しかったことが2点ありました。

 ①過去の記録が正しく保管されている場所が無いこと

 ②過去の記録の信憑性が薄い事です。

2010年、2007年に開催されたRice Bowlの観客数はわからずじまいでしたし、2006年以前に関しては丼勘定丸出しで、あくまでの目安でしかなく非常に信憑性の薄いデータです。

上記に記載している学生の試合に関しては多少許される部分もあるのかなとは思いますが、社会人に関しては、個人的に勝手に特に厳しく見ています。

 本来であれば、2006年以前は対象にせずグラフでは見せないのが普通ですが、今回は現状を共有するためにあえて載せることにしました。

 

 

話が少し脱線しましたが、

社会人、学生共に、1試合で3万人を超える観客を動員できるスポーツであり、アメリカンフットボールが持つポテンシャルがよく分かる記録になっていると思われます。

それは、今年たまたま起こった訳でもなく、過去を振りかっても同様なのです。

 

Rice Bowlだけでなく、リーグ戦の試合から毎試合この規模で開催できれば、アメフトの未来は明るい!観客としても何万人と一緒に見るからより興奮し、より楽しめる!そのための日本のアメフトの発展を願いながら締めとさせていただきます。