読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメフトおじさん’s blog

アメフト好きのおじさんが、アメフトを中心に好き勝手言うブログです。

箱モノ(会場)について考える ~bリーグ編~

先日、Xリーグが使用する会場の観客動員数について調査しランキング付けを行ってみた。

 

amefootojisan.hatenablog.com

 

東西の主要会場になるスタジアムの観客動員数がどちらも3000人程度であり、1万人を超えて収容できる会場での試合数は東西2試合づつの計4試合しかない。これでは、仮に急激なブームのような人気が出たとしても、トータルの観客数が伸びないだろうし、
あの、スタジアムに入った瞬間のワクワクや高揚感を味わうことができず、日本でトップを争うチーム同士の試合であるとの認識をとりにくくなってしまう。
そうなるとブーム客からリピーター客へとコンバージョンさせることも難しいのではないかと思える。。

Xリーグの会場についてとやかく言うのはこれくらいにしておき、

今回は、bリーグで使用される各チームのメイン会場の収容人数ランキングをまとめてみた。

 

 

◇会場別の収容人数 ~bリーグ編~

HOMEチーム 会場 収容人数 都道府県
アルバルク東京 国立代々木競技場第一体育館 13291 東京都
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 愛知県体育館 7514 愛知県
大阪エヴェッサ 府民共済SUPERアリーナ 7056 大阪府
川崎ブレイブサンダース 川崎市とどろきアリーナ 6500 神奈川県
仙台89ERS カメイアリーナ仙台 5705 宮城県
千葉ジェッツ 船橋アリーナ 5026 千葉県
滋賀レイクスターズ ウカルちゃんアリーナ 4896 滋賀県
富山グラウジーズ 富山市総合体育館 4650 富山県
新潟アルビレックスBB シティホールプラザアオーレ長岡 4200 新潟県
秋田ノーザンハピネッツ CNAアリーナ★あきた 3368 秋田県
三遠ネオフェニックス 豊橋市総合体育館 3000 愛知県
琉球ゴールデンキングス 沖縄市体育館 2901 沖縄県
栃木ブレックス ブレックスアリーナ宇都宮 2900 栃木県
京都ハンナリーズ ハンナリーズアリーナ 2500 京都府
シーホース三河 ウィングアリーナ刈谷 2376 愛知県
横浜ビー・コルセアーズ 横浜文化体育館 2229 神奈川県

 

 
bリーグの場合、リーグの参加基準として、5000人以上の収容人数を持つ会場を使用できること、と言った条件があったと思っている。聞いた気がするだけで定かではない。
そんな基準があると、今回調査して分かった結果はかなり怪しい結果になってしまいすが、
プロ化したといえ、急に箱のほうが対応できる訳ではないことがよくわかる。
そのうちにチームが主体になって、何万人も収容できる試合会場を作って言って欲しい。