読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメフトおじさん’s blog

アメフト好きのおじさんが、アメフトを中心に好き勝手言うブログです。

名QBの指標 ~Intercept率~

アメフト Xリーグ 個人成績 アメフト NFL 個人成績

NFLなんかを見ているとQBの良し悪しを図る指標の一つしてよくQB Ratingが取りざたされる。

いくつを超えたからすごい。いくつを下回ったから全然ダメだ。というような評価がなされるわけだが、個人的にはあの数値が持つ意味があまりわかっていない。何度かQB Rating算出のための計算式を見たことがあるが、複雑な上に掛けられる係数がなぜその数値なのか明確な理由のないまま使用されていたりするからだ。

それでも、NFLの長い歴史の中で導き出された計算式と定義には敬意を払っているし、否定をしているわけではない。ただ、Givenされるものであるという認識が強く数多くのファンがそうであるように私も提示されたQB Ratingを見ては高い、低いと感想を抱いている。

 

それとは別に、個人的に名QBであるかを判断するのに被Intercept率を指標として使って楽しんだりしている。 この指標はシンプルでわかりやすく、試投回数に対する被Intercept回数の割合である。

個人的にはこの数値が1%~2%に収まるQBは優秀であり、1.5%を下回ってくるとめったにInterceptをされないQBという印象になってくる。

 

Xリーグも3週が終わりそれなりの成績が残り始めているので、一度、被Intercept率を見てみたい。

 

Xリーグ 2016 week3終了時の被Intercept率

RANK 選手名 チーム名 被Intercept率 Att Comp INT Yard TD
1 Mason Mills  シルバースター 1.41% 71 51 1 571 5
2 Jerry Neuheisel  オービック 2.33% 43 32 1 379 2
3 コービー キャメロン  富士通 2.67% 75 48 2 596 7
4 菅原 俊  オービック 3.13% 32 23 1 286 3
5 木下 雅斗  エレコム 4.00% 25 12 1 131 1
6 加藤 翔平  Lixil 4.82% 83 46 4 521 4
7 Devin Gardner  ノジマ 5.49% 91 58 5 812 4
8 多川 哲史  IBM 5.88% 34 19 2 202 3
9 加納 友輔  アサヒ飲料 7.14% 28 17 2 138 1
10 政本 悠紀  IBM 7.81% 64 41 5 398 4

 

おどろくべきは、Mason Millsの被Intercept率が1.41%と非常に成績が良いということである。アタック71回に対し成功が51回とパス成功率自体が非常に良くなっていることを合わせて考えると昨年よりさらに進化しているということになる。常に試合に出ているQBがこのパフォーマンスを見せているのにチームとして1勝2敗と厳しい成績になっているのは非常に悔しいことだろう。

 

リーグ後半はSuper9同士の対戦となり、ディフェンスも激しくなってくるので、このままのペースを維持するのは難しいかもしれませんが、好調なQBはこのまま好調維持を、前半不調だったQBは後半巻き返しに期待したい。

 

参考記録ではあるが、昨年のNFLレギュラーシーズンを通してQB Raingが高かったQB Top5の被Intercept率である。

 

NFL 2015 レギュラーシーズン QB Rating Top5 QBの被Intercept率

Rank 選手名 チーム名 QBRate 被Intercept率 Att Comp INT Yds
1 R. ウィルソン シーホークス 110.1 1.66% 483 329 8 4024
2 A. ダルトン ベンガルズ 106.3 1.81% 386 255 7 3250
3 C. パーマー カーディナルス 104.6 2.05% 537 342 11 4671
4 T. ブレイディ ペイトリオッツ 102.2 1.12% 624 402 7 4770
5 K. カズンズ レッドスキンズ 101.6 2.03% 543 379 11 4166

 

やはり、トム・ブレイディなんかは1.12%と極端に低い数値となっています。そういえばブレイディがInterceptされているとこをあまり見かけないですよね。

 

ぜひ一度、QBの被Intercept率にも注目してみてください。