読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメフトおじさん’s blog

アメフト好きのおじさんが、アメフトを中心に好き勝手言うブログです。

箱モノ(会場)について考える

2016シーズンより、Super9とBattle9という形でX1に所属する18チームを2グループに分類し、リーグ戦の対戦方式を大幅に変更したXリーグ

目的は、同レベルにあるチーム同士の対戦を増やすことで高レベルなゲームをファンに提供すること、リーグ戦時から東西の交流を増やすことでフットボール界の活性化を図ることだったと記憶しています。

実際に開幕週から、ノジマ相模原ライズ vs オービックシーガルズ富士通フロンティアーズ vs IBM BigBlueといった注目カードが組まれ、毎週ごとに高いレベルの試合を楽しむことができXリーグの目論見は見事に当たっているのではと感じています。

ただそれが、どれだけファンに影響を与え観客動員という形で浸透、還元されているのか気になり、観客動員数という形で評価できるのではと思い、試合結果を追いかけているのですが、

そもそも、Xリーグの試合が一番開催されるであろう富士通スタジアム川崎って収容可能人数っていくらなんだろう?そんなに大きな会場じゃないので、満員になったとしてもそんなに人数が入っていないのでは??

 

ふと疑問に思ったので、今シーズンのリーグ戦が行われる試合会場のキャパシティを調べてみました。

 

 

◇会場別の収容人数

会場 収容人数 ゲーム数 都道府県
横浜スタジアム 24,000 2 神奈川県
キンチョウスタジアム 19,904 2 大阪府
相模原ギオンスタジアム 15,300 1 神奈川県
富士通スタジアム川崎 3,800 15 神奈川県
アミノバイタルフィールド 3,000 1 東京都
エキスポフラッシュフィールド 3,000 7 大阪府
神戸市王子スタジアム 3,000 3 兵庫県
フロンティア サッカーフィールド 2,100 1 千葉県
ベイコム陸上競技 2,000 1 兵庫県

 

関東のメイン会場の富士通スタジアム川崎が、3800人

関西のメイン会場のエキスポフラッシュフィールドが、3000人

 

どれだけ動員をがんばったとして3000~4000人しか入れないのではそもそもな感じがしてしまうのは仕方ない。これではbリーグをはじめとする他のスポーツに遅れをとってしまうというのが現状。

 

ちなみに、アメリカのフットボールスタジアムのキャパシティTOP3はこちら↓

会場 収容人数 ホームチーム
Michigan Stadium 109,901 ミシガン大学
Beaver Stadium 106,572 ペンシルバニア
KyleField 102,512 テキサスA&M大学

 

NFLでも8万人規模のスタジアムがトップレベルの中、大学が10万人を超す規模のスタジアムを持っているのはさすがとしか言いようが無い。 日本でここまでの規模のものはいらないかも知れないが、せめて万を超える会場で日常的に試合を行ってもらいものだ。

やはり、川崎スタジアム改修工事 第2期を実現して今の3倍くらい観客が入るスタジアムにしてほしい!!